歯周病治療・予防歯科

  • TOP
  • 歯周病治療・予防歯科

歯周病

ブラッシングなど、お手入れの状態が悪いと、歯垢(プラーク)がたまり、歯垢の中にいる細菌(歯周病菌)が、歯槽骨を攻撃していきます。
30歳以上の方の80%以上の方が歯周病と言われていますが、初期の歯周病には自覚症状がほとんどないため、気が付いた時には歯周病が進行していることも少なくありません。
歯周病が進行してしまうと、歯を抜く以外に治療法がありませんので、日頃のお手入れと、定期的な健診が大切になります。

歯周病

予防歯科

歯周病の原因となる歯周病菌を減らすには、毎日の丁寧な歯みがきが欠かせません。歯みがきをする際は自分にあった歯ブラシを選択し、刺激の少ないものを使用して下さい。歯ブラシの届かない歯間を磨く場合はデンタルフロスや歯間ブラシを使用しましょう。
しかし、どんなに念入りに歯を磨いても落としきれない汚れ(バイオフィルム)が歯にこびりついてきます。

その為、当院では歯についたプラークや、歯石などを除去し、虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防にも取り組んでおります。手法としてはPMTCやフッ素塗布などがあります。

予防歯科