インプラント

  • TOP
  • インプラント

インプラント治療とは

今、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する、「第三の歯=インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。
インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。

インプラント治療とは

従来の治療法

1.ブリッジ治療
両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。
【欠点】
ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう。
ブリッジを支えている歯に負担がかかりやすい。
健康な歯とブリッジの見た目が違ってみえる。

1.ブリッジ治療

2.部分入れ歯
人工の歯を固定するために金属のバネで健康な歯に固定します。
【欠点】
銀色のバネが見えてしまう。
健康な歯にバネの負担がかかる。
歯とバネの間に食べ物がつまりやすく虫歯などになりやすい。

2.部分入れ歯

3.総入れ歯
人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます。
【欠点】
ガタガタして、硬いものが噛めない。
食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む。
入れ歯が舌をふさいでしまい味が分からない。

3.総入れ歯

インプラント治療

  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を健康に保てる。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。
  • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない。
インプラント治療